手紙

MENU
SIGN

Planet and Ray
惑星と光線

惑星と光線 | 2021-07-23

冥王星「執着を断ち切る星」

日本人の寿命は、世界でも長い方ですが、「人類」を一人の人格と考えると、人類の魂の寿命=周期は、100年です。次の百年の始まりは、2025年ですから、現在はこの周期の最後4年間になります。その為、人生の終わりのように、生命を中心に、様々な終焉が大規模に起きています。

このような周期を支配しているのが「冥王星」です。冥王星は、大変高度な存在で、私達には理解不能とされているのですが、この惑星が働いている事を知るだけでも、人生の方向を決断する時、とても重要な手掛かりになります。何故なら、周期が終わる時は、どんなに抵抗しても、同じように続ける事はできず、始まる時には、必ずどこかで新しい動きが起こるからです。

冥王星の働きをキャッチするには、まさしく「直観」が必要です。何かに成功する人、創造的人生を送る人は、間違いなく周期を上手に掴んでいる人です。今のような異常事態の中でも、冥王星の片鱗でもキャッチする人は、未来のイメージを受信して新しい活動に取り掛かり、別の周期を開始する事ができます。

では、どうしたら直観的に「周期」を掴む事ができるでしょうか。それには、冥王星の性質を理解すると、ヒントになるでしょう。冥王星は物事を終わりにするので、大きな鎌を持った「死神」と言われています。私達は、今まで続いていた事が終わると、悲しみや怒りを覚え、全てを失ったように感じて、大抵落胆します。この気持ちは、釈尊が説いた物質的欲望の「執着」から起こっています。大きな鎌が切るものとは、実は現象ではなく、意識の執着です。冥王星は、物質的な惑星ではないので、周期に伴う私達の意識に鎌を揮うのです。

TOP
CLOSE
CLOSE