手紙

MENU
SIGN

Time and Astro
時代と星座

時代と星座 | 2018-10-12

獅子座と第2光線

獅子座は、科学と知識の第5光線や、意志と力の第1光線が働く星座ですが、支配星が全て太陽なので、意外な事に「愛と知恵の第2光線」が働いています。地上の王ライオンの星座ですが、その基調は人との愛の繋がりなのです。

太陽は太陽系の中心点です。家長のように強い引力で惑星家族を統括しています。ただ無理やり引き付けているのでなく、血液の働きのように、各惑星の状態を調べ、障害を取り除き、進化を促す良きエネルギーを伝達しているので、中心となっているのです。

初期段階の獅子座の願望は、自分が中心に立ちスターのように注目されたい、思い通りに支配したいと言うものです。しかしそれには周囲にギャラリーが必要です。利己的であっても、人がいなければ、願望は満たされないので、獅子座は、人の中で活躍する愛が土台なのです。

ところが、このような一方的な関係は、長続きしません。現代は、多くの人の感性と知性が発達したので、獅子座的な人が沢山いるからです。より優れた人や新しいリーダーが次々と現れるので、すぐに別の場所に移動し、転々と渡り歩く事になりかねません。また、自分本位で未熟な願望は、容易に見抜かれてしまいます。この段階では、愛は自己愛に留まり、まだ太陽のような交流の愛の引力になっていません。

さて、獅子座の代名詞のような人に、ナポレオンがいます。彼が王になろうと志したのは、貧しいコルシカ島で、フランスの圧制に苦しめられている人々を救いたかったからでした。途中から野望に変わってしまいましたが、最初の動機は人々を助けたいと言う一心でした。また、少し前にノーベル賞を受賞した島津製作所の田中耕一さんも獅子座です。彼の研究のきっかけは、実のお母さんの病死を知った事だと言われています。お母さんのように、病気で苦しんだり亡くなる人を助けたい。人への愛が、素晴らしい結果を生みました。

TOP
CLOSE
CLOSE