手紙

MENU
SIGN

Planet and Ray
惑星と光線

惑星と光線 | 2019-05-25

太陽 その① 「物質的太陽」

冬は風邪やインフルエンザが流行るだけでなく、認知症の症状も進みます。医者によると、寒くて血流が悪くなるだけでなく、日照時間の減少が、体調や精神に影響するそうです。医学でも、太陽の影響が様々な面で認められるようになりました。私達は太陽が無ければ、生きる事はできません。太陽系自身も、太陽が無ければ存在しません。太陽は全生命の維持者で、その中で生きている私達には、毎日見ているにもかかわらず、余りにも偉大で、太陽と言う学校について、理解できる事はほんの少しです。それでも、太陽系の偉大な支配者=太陽について考えてみましょう。

太陽を理解する時、その影響は、①物質的(肉体) ②魂的(精神、意識) ③霊的(存在せしめる力)の三つの側面があり、その根本性質は、「偉大な愛の媒体」と呼ばれています。何故「媒体」なのでしょうか。太陽は、太陽系の全惑星を巨大な引力で統治しているだけでなく、太陽の背後にある別の星座のエネルギーを、太陽系に伝達しているからなのです。それは、シリウス、プレアデス、大熊座です。これらの偉大な星座と太陽系の間に立ち、両方を繋いでいる力を想像してみて下さい。その引力の強さは測り知れません。その為、「愛(引力)の媒体」と呼ばれるのです。

規模は全く違いますが、異なる次元を繋ぐ位置としては、まさしく人間の魂も同じ役目を果たしています。人間の魂は、霊と物質の間を繋ぐ仲介役です。人は魂の命令を受けて、この世に生まれます。その度に肉体を引き付けて、必要な経験を得る間、肉体を維持します。太陽も、存在している間、惑星を引き付けて、物質的に存在しているので、人間と同じように、転生していると言えます。つまり、天に輝くあの物質太陽は、太陽魂の肉体と言えるのです。

 

TOP
CLOSE
CLOSE