手紙

MENU
SIGN

Appearance the soul
魂の表れ

2015-12-16

責任感

 ①責任の時代

皆さんはどんな時に「責任」を感じますか?最初に責任について考えた時は、いつだったでしょうか?責任は、家族、仕事、国、人類など、色々な立場で発生します。実は責任感とは、魂の知的な表れとして、最初に出てくる意識活動なのです。

責任と言う言葉、「成人式」で「これからは大人として、責任ある行動を取る」などの挨拶を聞きますが、その前から部活動や集団生活の中で、早い時期に責任を問われたり、感じた人はあるはずです。個々がこんなにも早い時期から責任を考える事は、以前の時代には少ない事でした。

現代は、一部の政治家や企業化などの「責任者より、多くの一般市民の方が、健全な責任感を持っています。私達はニュースを見ながら、「人として一体どう責任を取るつもりなのか?」と怒りを覚える事もしばしばですが、「人としての責任」と言う共通の意識は、一体どこからやってくるものでしょうか?これは魂の人類愛からやってきたものです。つまり、現代は多くの一般市民が尊い魂意識に目覚めているのです。

 ②責任感は知的能力

責任とは、あるグループの一員として、規律を守り「役割」を負う事と、その中での「立場」と全体との「関係」を理解する事で感じられます。集団の中で、迷惑をかけないと言うだけでなく、一歩進んで正しい理解と行動が必要なのです。これは明らかに知的能力の一つです。ですから、子供や知的能力が欠けている場合など、理解し、行動する能力が無ければ「責任能力」が無いと判断されます。また、そこにはルール、目的、論理、道筋があるので、裁判や会議で論理的に取り上げる事ができるのです。

また、責任の取り方は、考え方によって違ってきます。自分なりの考えで行動した結果、「それは責任を果たした事にならない」と指摘される事があります。グループなど多くの人との繋がりの中で発生する事なので、公私を区別し、協力する高度な意識活動が必要です。自分本位で愛(理解力)が欠けると、責任を正しく果たす事はできません。

TOP
CLOSE
CLOSE