手紙

MENU
SIGN

Planet and Ray
惑星と光線

惑星と光線 | 2021-05-28

地球 その③「地球と解放」

皆さんは、地球のマークを覚えていますか?〇の中に十で、です。今まで2回地球について説明してきましたが、このマークが象徴する意味を学ぶと、地球の総合的な姿が理解できると思います。

は、「愛と知恵」の第2光線を表し、そしては「物質」を表します。第2光線の意味は、「引力・関係・意識」ですから、地球は、物質の中に宿る意識が発達し、互いに関係し合う場所だと伝えています。地球ほど種々雑多、多様性に富んだ存在が生まれる場所はありません。そして、人間だけでなく、虫や微生物、鉱物に至るまで、どんな存在も「特質や才能」があります。その意味は、たとえ僅かであっても、意識があると言う事を表しているのです。

その中でも、人間は「小さな宇宙」と呼ばれていて、人間が活動し交流する事は、それだけで自然界に影響を与えます。何故なら、以前説明したように、人間の中には三つの自然界=鉱物、植物、動物界が生き、各界と繋がっているからです。人間の中で、三つの自然界と、上位の魂界が出会っているのです。まさしく、十の四つの腕、十字路、交差点が、地球の人間そのものを表しています。その原理から言えば、私達は多様性を認め合い、内在している特質や才能を研究する使命があります。そして、良い目的の為に活用する事が、地球への協力になるのです。

現在の時代精神=水瓶座は、博愛がテーマです。博愛とは、全ての存在に知的な愛を向ける事で、その影響を受けて、人間は地球上のあらゆる存在に興味を持ち始めました。現在、様々なものが研究され、色々な目的に利用されています。そのお蔭で、物質は活性化し、〇の中に閉じ込められていた意識は、活動を加速しています。

TOP
CLOSE
CLOSE