手紙

MENU
SIGN

Time and Astro
時代と星座

時代と星座 | 2018-04-06

水瓶座と第2光線

水瓶座は、オレンジ色の第5光線、紫色の第7光線の代表格ですが、背後に「愛と知恵の第2光線」が働いています。藍色の第2光線が、科学と知識の第5光線と融合すると、論理的な知性を基本としながらも、真の愛が目覚め、個別の宗教を超えた博愛精神が広がります。特に水瓶座の第2光線は、「外交的な愛」が特質です。この意味を理解すると、私達には幸せや健康が与えられ、霊的には善なるカルマを積み上げる事ができます。では「外交的な愛」とはどのようなものでしょうか。

愛の直接的な分野は宗教です。宗教では、魂や神と一体になる為に、瞑想、祈り、修行、学問の習得などがありますが、これらは主に個人を高める行法です。魂の方向性を知り、高いエネルギーと接触する為には、個人の進化が重要なので、とても大切な行為です。

藍色2

ところが外交的な愛とは、それで得たエネルギーを分配する為に、実際に人や自然界、世界と繋がって活動する必要があるのです。お坊さんの活動が、個人的な修行と、実際的な奉仕活動の両方がセットになっている事と同じです。知識、才能、技術、お金、持てる物質など全て、周囲に流通させたり分配しなければいけません。これはエネルギーが、物質界のネットワークで繋がり、流れていく現象です。人の活動を通じて、世界中に血管が繋がり、必要な栄養を隅々まで届けているようなものなのです。この流れを受けて、既に多くの変化が起こっています。大学の先生は、自分の研究に集中し、学生を教えているだけでは済まなくなりました。企業と提携したり、講演や本、メディアを通じて一般の人に説明をし、わかり易く知識を広め、具体的に役立てる努力が求められているのです。

2ネットワーク

 

TOP
CLOSE
CLOSE