手紙

MENU
SIGN

Time and Astro
時代と星座

時代と星座 | 2018-05-04

魚座と第1光線

魚座の人は、感性が豊かで同情深く、人の面倒見が良い優しさを持っています。ところが、この星座には第1光線が働いています。第1光線は、意志と力、破壊と創造の光線です。魚座にどのような形で働いているのでしょうか。

一つの出方は、環境の激しい変化です。これは第1光線が物質界に働いた場合で、仕事、目的、住む場所など、物事が長く続けられない短い周期が繰り返されます。津波が何もかも押し流し壊してしまう状態で、その人が身を置く環境、没頭して夢中になっている状況を、打ち砕いてしまいます。一体何故そんな事が起こるのでしょうか。

1魚座と第1光線

魚座は感覚が発達しているので、気持ちが環境と一体化して、夢中に取り組む性質があります。これは立派な特性なのですが、没頭しているのは感覚であり、知性ではありません。また尽くす事に喜びがあるので、人が辛いと思うような状況でも、中毒のようになって、やり過ぎる傾向があります。

第1光線は、この感覚的な没頭を破壊し、それ以上のめり込んだり、やる必要がない事を止める役割をします。周期を終わりにするので、同じ事を同じ環境で、続ける事はできなくなるでしょう。こんな時は、慌てて没頭する別のものを探そうとせずに、今までの自分の意識を顧みる時間が必要です。ダメだった、良かった、あるいは楽しかった、辛かったなどではなく、意識が感覚的でなかったかどうか、客観性があり、考えていたかどうかと。魚座の人は、人の意見が素通りする傾向があるので、自分で考えて気付かなければいけません。そうしなければ、魚座の本当のテーマである「理知的な意識」が目覚めません。

TOP
CLOSE
CLOSE