手紙

MENU
SIGN

Planet and Ray
惑星と光線

惑星と光線 | 2019-02-01

光線シリーズ2、「第7光線(紫色)」

皆さんは紫色と言うと、どんなイメージを浮かべますか?仏教では、紫は高貴な色として扱われ、祈祷する時には重んじられる色です。時代劇で、僧侶が偉い人の病気治療をする時には、護摩を焚いて患者の頭に紫色の布を巻き、お経や呪文を唱えるシーンを見た事があるでしょう。どこか神秘的で、怪しい魔術的な雰囲気が、紫色の特徴です。アニメで魔法使いが大流行し、ハリー・ポッターのような小説や映画が世界的ヒットとなったのも、この光線の影響です。

紫色の第7光線は、水瓶座と共に新しく流れ込み、現在太陽系全体に溶け込んでいます。地球ではその流れと共に、紫色の魂が沢山生まれてきているので、多くの人が魔法や魔術、錬金術など、神秘的な事柄に興味を持ち、ブームになっています。新しい光線が入ってくる時には、新しい魂が生まれる為、昔の風習や文化、考え方には興味を持たなくなり、古いものが廃れて社会が大きく変わってきています。

紫色の第7光線は、その印象の通り、「儀式と魔術の光線」と呼ばれています。魔術とは何でしょうか。それはイメージしたもの、考えた事を、形として具現化する力です。第7光線の役目は、地球が進化計画を実際に現す事です。ですから、地球の神にしろ、人間にしろ、何かをつくる時はこの光線を使って、地水火風の四大力を組み合わせ、形が出来上がります。人間は、神と同じく創造力があるので、程度の差はあれ、人は全員、第7光線を使う魔法使いなのです。人間の肉体をはじめ、鉱物、植物、動物、あらゆる物質は、第7光線の働きで、何らかの意識を形態で表現しています。物質界は、古代からずっと第7光線と共にありますが、主流光線として、強い影響力を揮い出したのは、つい最近です。

この光線は、現代では新しい魔法として働いています。それはIPS細胞による臓器の復活に代表されるような、科学的医学の技術や施術です。また新しい組織の編成、特に会社の合併やグループ化、EUなどの国同士の連合など、巨大組織も生み出しています。第7光線は、人体を組織化して人間をつくるように、物質、人、国を組織化し、グループやネットワークを生み出します。自然界でも、大きな変化が起こっています。第7光線は、新しい計画を具現化するので、絶滅種と新種を生み出し、動植物の新陳代謝も促進します。

第7光線の特質

形態の具現化と変形、組織化、宝石や放射能(鉱物界)の進化、目的を貫徹し結果を出す力、儀式、形式、マントラム、明確な知的イメージやアイディアの具現化=創造力、テレパシー能力の発達

TOP
CLOSE
CLOSE