手紙

MENU
SIGN

Planet and Ray
惑星と光線

惑星と光線 | 2019-10-26

水星 その② 「目覚めたクンダリーニ」

水星の別名は「目覚めたクンダリーニ」です。クンダリーニとは、物質の中に眠っている神の生命で、これが頭上まで上昇すると、人は並外れた生命力と知性を手に入れると言われています。その象徴で、ギリシャ神話のヘルメスは、2匹の蛇が巻き付いた杖を持っています。水星自身は完全なメンタル的惑星なので、クンダリーニは覚醒しています。この威力について、次のようなギリシャ神話の話があります。

ヘルメスは、生まれてすぐ太陽神アポロンが所有する50頭の牛を盗みました。アポロンは怒って犯人を捜しますが、中々見つかりません。何故なら、ヘルメスは足跡がつかない靴を履き、牛をロープで繋いで後ろ向きに歩かせ、途中で会った老人を買収するなど、追跡ができないように巧妙な細工をしたからです。

そこでアポロンは、占い師に犯人を特定させ、ゼウスにヘルメスの事を訴えました。呼び出されたヘルメスは、亀の甲羅に盗んだ牛の腸の糸7本を張った竪琴を弾いていました。すると、アポロンはその音色が大層気に入り、竪琴と牛を交換し、ヘルメスを許す事にしたのです。

アポロンは何故ヘルメスの竪琴が気に入ったのでしょうか。水星は完全なメンタルを持つ星なので、太陽系の7光線を全て扱う事ができます。亀の甲羅は物質、人間で言えば人格を表します。7本の牛の腸の糸は、欲望を持った7つの光線=蛇ですが、高度な知性を持つヘルメスは、曲を奏でるように、物質界の全光線を自由自在に扱えるのです。太陽神アポロンは、太陽系を支配する為、光線を操るヘルメスの知性が必要だったのです。

アポロンは、ヘルメスを伝達者にする為、占星術を教えました。実際、占星学でも、水星は太陽の代理人と呼ばれ、太陽の仕事を助ける為に、時空を越えて各惑星と交流しています。

TOP
CLOSE
CLOSE