手紙

MENU
SIGN

Planet and Ray
惑星と光線

惑星と光線 | 2020-01-24

土星 その②「太陽系の質量の発達」

太陽系の進化で、重要な三角形があります。それは、天王星と海王星と土星です。これらの星は、知性、感性、質料の進化を代表している惑星です。土星の質料とは、太陽系の「材料」で、神が考えた通りの宇宙を表現する物質を表します。「物質」と言っても、神にとっては人間の魂でさえ物質なので、見えない精妙な次元を含みます。土星の働きは、カルマの法則が有名ですが、もう少し詳しく学んでみましょう。

地球人類は、魂のアイディアを表現する為に人格を使いますが、人格は土星が支配する材料でできています。私達の人格が洗練され、表現力に富んで優れたものになると、魂は理想に近い状態で、この世の活動ができる事になります。

密教的な勉強をすると、霊的な知識を重んじ、学習する事や考える事ばかりに傾きがちです。そうすると、現実から遊離したり、表現力や行動力、実際的な強さを軽んじる人がいますが、それは間違いです。魂の進化とは、結局優れた人格をつくる事に関係します。優れた人格を、地球にプレゼントする事に意味があるからです。そして太陽系で、そのように進化した質料を管理し、刈り取るのが土星の役割です。

では、優れた人格とは、どのようなものでしょうか。私達の人格は、体と心と頭で出来ています。魂から見て優れていると言う観点は、一般的に私達が思うものとは違います。例えば、優れた肉体とは、丈夫でがっちりしていて、運動ができて…などと思い勝ちですが、魂にとっては、魂の高い波動に耐えられる精妙な肉体が優れた体と言えます。魂の波動とは、高い理知性ですから、知的な活動に耐えられる、知的な電気的エネルギーに適応し活動できる、そのストレスに耐えて健康でいられる体です。例えば、優れたスポーツ選手が、その後の仕事で、知的な訓練や人間関係に適応できるとは限りません。

TOP
CLOSE
CLOSE