手紙

MENU
SIGN

Planet and Ray
惑星と光線

惑星と光線 | 2020-02-21

土星 その③「慈悲深い試験官」

海に深く潜ると、光も無く、音も聴こえない世界が広がります。その空間の中で耳を澄ますと、地球の音が聴こえると言った人がいます。素もぐり=フリーダイビングの元チャンピオン、ジャック・マイヨールは、海の中で響き渡る低いオームと言う音を聴いたそうです。真相はわかりませんが、神智学の知識から言うと、(海の中だけはなく)それは真実です。地球は、AUMと言う聖なる音を発し、地球の頭脳が計画した世界を、創造し続けています。今もAUMは鳴り響き続けているので、神の創造は続いていて、世界は維持されています

音は、考えた事を創造する手段です。神は、進化計画を表現する為、音を使って質料(各次元の材料)を動かし、考えを具現化します。ですから、存在するものは全て、何らかの振動を持っています。太陽系で言えば、各惑星には固有の音があり、太陽が全体を率いて統一しているので、宇宙は壮大なシンフォニーを奏でています。
そして、太陽系の全質料=材料を管理しているのは、土星です。土星は、無形の見えない世界と有形の見える世界を繋ぐ二重構造を持っています。宇宙には、数え切れない種類の素粒子があるように、宇宙の質料は、高い次元から低い次元まで、様々な物質が協力して、形態を作っています。その構造は、土星のフィルターを通るので、創られた動機、使った質料の構成は、全て明らかに記録されています。

TOP
CLOSE
CLOSE