手紙

MENU
SIGN

Planet and Ray
惑星と光線

惑星と光線 | 2020-03-27

木星 その①「太陽系の財宝」

太陽系のあらゆる財宝が納められている富裕の宮殿、それが木星です。ここに入れば、世界の富が好きなだけ得られます。では財宝とは何でしょうか。それは情報です。木星は、別名「太陽系の図書館」と呼ばれています。つまり、太陽系の財宝とは、情報、知識なのです。太陽系で収集された知識、より高度な世界から与えられた情報は、木星が管理し、必要な場所に与えられます。
さて、木星はどのようにして、財宝を創るのでしょうか。木星は愛と知恵の第2光線の惑星で、太陽に次ぐ膨大な引力を持っています。そしてその引力は、陰と陽を結婚させる力で、主に人間や天使群に働きかけます。別名「恵深い魔法の学校」と呼ばれ、人間と天使の知性を高め、世界の財宝を増やします。その影響で、世界は恵み豊かになっていくのです。

高い知性は、物質の正しい扱い方を知っているので、物質の中から最高の輝きを引き出し、最も美しい財宝に変えられます。それはまさに神の錬金術。当然、神の知識ですから、知性が発達していないと扱えるものではありません。ですから木星の知識は、太陽系全体で、愛深く知性が高い人間と、進化した天使群に与えられます。木星の知識は愛のエネルギーそのものです。これによって、宇宙には、進化に基づいた建設が進みます。

TOP
CLOSE
CLOSE