手紙

MENU
SIGN

Planet and Ray
惑星と光線

惑星と光線 | 2021-12-31

光線シリーズ8「光線は心理学の基礎」

水瓶座の時代に発達する学問の一つに、「心理学」があります。現在、精神的な悩みを持つ人が多い為、心理学は重要な役割を果たすようになりました。更に、将来の心理学は病気を治す為だけでなく、自分自身を知る為に活用されるようになります。

その基礎知識となるのが、「7光線の特質」です。以前「光線シリーズ」で、各体と光線の特徴を説明し、誰でも特定できるよう情報をお伝えしました。私達人格は①体(エーテル体)②心 ③知性 ④統合光線 ⑤魂 ⑥モナッド(霊=生命)と言うように、幾つかの色が重なっています。それに加えて、星座が二つあるので、人間は様々な色が混合した生命体と言えます。

中でも、今の私達に重要なのは、④統合光線と⑤魂の光線ですが、特定しにくい面があるので、今回、こんな場面で考えてみると分かり易いと言う例をお伝えします。

①体(エーテル体)の光線=これは、小さい頃の体質を思い出してみると良いでしょう。と言うのも、心や知性が発達し始めると、その影響の方が強くなり、混じり合ったり、支配してしまう事が多いので、大人になるにつれ分かりにくくなるからです。反対を言えば、体の光線は、それより上の意識活動に吸収されてしまうので、それ程重要ではありません。幼い頃、ひ弱で虚弱だった人が、成長すると体質が変わる、あるいはその反対もよくある事です。また、家系的な体形、骨格なども、共通しているものがあれば、参考になるでしょう。

②心の光線=家にいてリラックスしている時、つまり頭を使ってない時の意識活動は、心が主体になります。また恋愛や夫婦関係、家族間での感情的になり易い場面、好き嫌い、恐怖や自己防衛、単純な欲望の表現の仕方などを考えてみると、分かり易いでしょう。現在の心理学では、心の光線を知る事は重要です。

TOP
CLOSE
CLOSE