手紙

MENU
SIGN

Planet and Ray
惑星と光線

惑星と光線 | 2022-08-26

太陽と健康

太陽は太陽系の中心で、人間では胸のアナハタチャクラが対応しています。そして、命を支える心臓と、健康の基本である免疫力は、アナハタチャクラの代表的な働きです。心臓病は現代人の重大な病気、そして免疫異常は今増加しているアレルギーを始め、自分を攻撃する様々な病気を生み出します。太陽がチャクラに正しく働きかけると、心臓のリズムや血流は健康的なものになり、活力ある生命力が保たれます。更に免疫力が正常なら、病気にかかりにくくなるでしょう。では、何故心臓疾患や免疫異常が起こるのでしょうか。

太陽は、太陽系の支配者です。ですから、心臓は命の支配者であり、健康のリズムを維持している主役です。心臓の異常は、太陽の引力が向けられる対象により、病気になったり健康になったりします。心配、悲しみ、苦労、過労、絶え間ない人との接触などを続けていると、自分のリズムが乱れ、体や心を健康な状態に戻す事ができなくなるからです。太陽が、太陽系外のエネルギーを分配し惑星の関係を維持しているように、良いエネルギーを分配し、滞りない関係を心掛ける事が基本です。意識を特定の物質的な事や人に向け続けていると、本来の生命のリズムが保てなくなり、不健康が生まれるのです。

TOP
CLOSE
CLOSE