手紙

MENU
SIGN

Planet and Ray
惑星と光線

惑星と光線 | 2022-09-30

金星と愛の方向

金星は普通の星占いでは、恋愛や結婚の運勢を見るのに使われます。しかし真の占星学では「知的な愛=考える力」を担当する惑星で、額の第6チャクラと関係しています。第6チャクラは、交感神経と副交感神経のバランスを取る自律神経の司令塔=脳下垂体と視床下部に直結しています。自律神経のコントロールは、まさに健康の要ですが、愛とどう関係しているのでしょうか?

金星の象徴は、ギリシャ神話の「美の女神ヴィーナス」です。物語では、誰と結婚するかが大問題となりますが、これは私達の愛=知力が何と結婚する(意識がどこに向くか)かが大問題である事を示唆しています。愛がどんな次元の何を求めるかは、健康は勿論、出会う人や運命の方向を左右します。

人の一番強いチャクラは、第3チャクラ=欲望です。これが知力を引き込んで使ってしまう(欲望と結婚)と、知性は欲望の奴隷になります。一方、知力が魂(利他的で多くの人の福利や宇宙法則の知識)に向けられると、自分を正しく支配し、運命を切り開き、周囲に良い影響を与えたり、健康をもたらします。私達はまず、「愛と欲望の区別をし、知性が何に向けられているか、正しく判断する識別力を学ばないといけません。その識別力こそ、実は金星が与える優れた美意識、理知的な愛なのです。

TOP
CLOSE
CLOSE